鳥取の秋

今シーズンの締めくくりに鳥取へ。
こちらは台風の影響が少なかったが、現地は予想以上のダメージ。
DSC_0789
そんな中でも来シーズンへの希望を見ることもできました。
DSC_0792
2日とも釣果は厳しかったけど、心地よい風とウェーダー越しの水圧を感じながら自然を満喫できました。
DSC_0805
みなさん、来シーズンもよろしくお願いします。
DSC_0796

ちょっと増水

週初めのまとまった雨の影響で少し増水ぎみでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どの魚も元気でキレイで癒されるんだけど、今回は少し物足りなさを感じながら川を後にしました。目の前を走られたいいサイズの魚影が。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初登り

今年の初登り。
もう週末の日課のようになってきた(笑)

今日はそらがけっこうキレイでした。

鳥もだいぶ見つけられるようになってきた。
鳥の撮影、気配を消しながら近づいて、構図やカメラの設定をあれこれ考えて、いい感じで撮れたときの喜びが、毛バリで釣るときと似てるようなきがする。
毛つながり?!

苔もいい感じでした。

思いでの波止

久しぶりに行ってみました。
今回は竿ではなくカメラを持って。

DP1

小学生時代、ここで色々な釣りを楽しんだなぁ。
でもあるころから不法砂利取りが横行して、殆ど釣れなくなって…
今はどうなんだろう。
アマモの森が復活してればいいけど。
この近くのハチの干潟には貴重な自然が残る。
これからも変わることなく残ってほしい場所の一つ。

夏休み

プールか釣りか、子供の答えは「釣り」。
海か山か、答えは「海」、海と言えばここ。


早朝から釣り始めましたが、雲が多めで風は気持ちよく、予想外に快適でした。

ただし釣果は・・・爆釣とはいかず、ピンギスからアベレージサイズが夕食分ほど。
大潮の日は遠投したらかなり流されるし大物狙いは難しい。せめてPEラインのタックルにすれば良かった。
まあ子供は楽しんでたからいいか。

ぼちぼち

いろいろあって投稿が滞ってましたが、ぼちぼち復活します。


叔父が昔使ってた筏竿3本をリメイク。

左の長いのは穂先が交換できるタイプ。超柔らかい穂先がグリップの中に収納されてます。
右の短いのは1ピース。これは面白そうな竿です。
真ん中の茶色いのは穂先が折れていたのか結構張りがありキャストが出来そうなのでスピニング用にしてみました。メバルや管釣りで活躍しそう。


一緒に出てきたリールもリメイク。

スピニングは右下の3000番のは使えそうだけど、その他は使わないかな。デザインもいまいちだし、回転もスムーズじゃないので。。。
ベイトの3つは上の筏竿と合わせて使えそうです。っていっても筏で釣りをする機会が無いけど。船なら使えるかな。

実は今年は渓流に行けてません。フライを始めてから初めてかも。秋に行ければいいけど、どうかな。時間があればって感じです。遊漁券代は放流の寄付金ということで。