Fly line retriever & stocker

フライラインの巻き癖、キャストの正確性はもちろん、その先に結ぶリーダー&ティペットのコンディションにも影響する厄介者。そこで、面倒なメンテをしっかりとしかも快適にする道具を作ってみた。
木製ラインリトリーバー/ストッカー!
P7300009_2.JPG
1. 釣行後、リールからフライラインを全て出し
2. くもの巣や水の汚れなどラインに着いた汚れを拭き落とし
3. ラインクリーナーでコーティングを施した後
4. 巻き癖のつきにくい大径スプールにラインを巻き取って保管
5. 次の釣行前夜にリールへ巻き取る
という道具。
どうせなら見た目もカッコいいものをと思い、木材はこげ茶色のステインで色付けし、ボルト等の鉄部品には全て黒色のものを使用した。ちょっとはアンティークっぽい仕上がりになったか?これから使い込めばもっと味が出てくるだろう。
P7300010_2.JPG
芯軸を通せれば市販のスプールも使用できるから、他の釣りで使うラインをリールに巻き取ったりも可能。
P7300012_2.JPG
今後はフライラインのメンテが楽しくなる…かな?
もちろん、ロッドガイドのメンテも忘れないようにと。

テリア カスタム

去年ネットで衝動買いしたCaps Terrier #3、先日完成したロッドに合わせて色を変えてみた。
元々はこんな色。茶色系
PA300003_2.JPG
外枠は色を剥がしてひたすら磨き、他の部分はつや消しブラックで塗装した。
P7010009_2.JPG
裏面も真っ黒
P7010010_2.JPG
3千円程度の超激安リールだから、気軽にいじれる。
塗装が手塗りなのでムラが目立つけど、使ってるうちに味が出てくるだろう。
次回デビュー予定!