ニューキヤノネットQL17

最近釣りに行けていない。。。ブログタイトルを変えたほうがいいかも(笑)

今回はニューキヤノネットQL17

1969年(昭和44年)7月発売

キヤノネットはこれを含めて5つ所有している。あとの4つは、
キヤノネット(未試写)
キヤノネットQL17
キヤノネットQL19(未試写)
キヤノネットG-Ⅲ17

こんなにキヤノネットが増えたきっかけは、最初に入手したキヤノネットQL17の写りがあまりに良かったから。次に入手したG-Ⅲ17も期待通りの出来。そして、コンパクトでずっしり塊感のあるデザインがまた良い。その次に入手したのがこのニューキヤノネットQL17。デザインや光学系はG-Ⅲ17とほぼ同じ(というかこちらのほうが先)ながら、ブラックボディーというのが決めてでした。

そして写りは、またしても期待通りの抜群の出来。こうして、自分のなかでキヤノネットが「てっぱん」カメラとなったのでした。所有しているレンジファインダー機の中で、操作性と写りの両面で一眼と張り合えるのは、今のところキヤノネットシリーズだけです。(安物ジャンクばかりですが・・・) それでこのコンパクトさ。すごいカメラです。

初代とQL19は、実は別のカメラを落札したときにおまけでついてきたんですが、こうなると期待せずにはいられません。試写は後回しになってますが、きっと期待を裏切らないことでしょう。