オリンパスXA (シャッターボタン改造)

フィルムカメラの増殖は落ち着いたはずだったのですが・・・
暇つぶしに開いたヤフオクで、以前から気になっていたXAを見つけ、つい手を出してしまいました。
動作確認無しジャンク4台のうちの1台。詳細が見えない写真だったので(危険・・・)、競合無く落札できました。

届いてみると、やはり、想像以上にジャンクでした(笑)。
トップカバーはネジが不足で浮き、シャッターはきれず、フィルムカウンター不動、裏フタを開けると朽ちたモルトと土が乾いたような汚れでもう大変。おまけにシャッター羽根と絞り羽根まで土のような汚れが・・・どうやら過去に水没したっぽいです。

こうなると、もうダメモトでやるだけ。今はネットで探すと沢山の情報があるので、素人でもある程度は治せます。大きな作業は汚れた絞り羽根などの清掃と、シャッターの修理。

絞り羽根等内部の清掃は、ネットの情報どおりにやって無事成功。
次はシャッターですが、これが大変でした。XAのシャッターは、フェザータッチシャッターといって、特殊な構造です。ネットでもシャッターボタンまで分解している情報が少なく難しそう。ただそのままでは動かないのでやるしかありません。で、とりあえずばらしてみると、配線が1本外れてました。それらしい部品に配線を半田で付け、もう一方の配線が繋がれた部品と接触させると、「カシャッ」っときれました。めでたしめでたし。
が、シャッターボタンを組み付けるときれなくなりました。ここからが大変。。。ネットで探しても見つからず、部品の順序を変えても動かず、ほぼ諦めてヤフオクでドナー探しを始めてました。
いいドナーを探しながら数日が過ぎたとき、海外のあるサイトでサービスマニュアルを見つけました。それを見ると、シャッターボタンの小さい構成部品が二つほど無いことが分かりました。ものすごく小さい部品なので、ドナーからの移植も難しいと判断し、シャッターボタンの改造に切り替えました。

で、出来上がったのがこれです。やりかたは簡単、2本の配線を小さいタクトスイッチにつないで台座に固定するだけ。(トップカバーの開口部を少しやすりで削ってます)タクトスイッチの操作感もまずまず。なんちゃってフェザータッチスイッチです!

今までで一番苦労したかもしれませんが、どうにか使えるところまで直せました(フィルムカウンターは諦めました)。シャッタースピードも、明るさや絞りに応じて変化してるので、感覚的には大丈夫っぽいです。

C35と比較


35mmでこの小ささ、しかもプログラムではなく絞り優先で、ピントあわせもゾーンではなくちゃんとしたレンジファインダーです。写りは賛否両論あるようですが、それを差し引いても、十分な魅力のカメラです。
ボディーの大きさと重さはこの写真を撮ったLX5とほぼ同等です。

そういえば初めてかったデジカメはオリンパスのミューだったなぁ。コンパクトで、トップカバーを開けて写すところなんか、XAの良さを継承してました。1枚目の写真を写したのは今も現役の防水仕様のオリンパスミュー。XAが出来た1979年、誰もこんな進化を想像してなかったでしょうね。

あー早く試写したい!!