Carl Zeiss Tessar T* 3.5/35

以前ジャンクコーナーで見つけたヤシカT AF-D、電極の錆を落としたり配線を確認したりあれこれいじってみましたが結局復活させることはできませんでした。ただ、メイドインジャパンとはいえ、ツァイスの名を享けたレンズは使ってみたい。ということで、レンズユニットを取り出してE-PL2で使えるようにしてみました。


ボディーキャップと水道管のパーツ。。。少々不恰好ですが。

とりあえず家の中で試写




一応無限遠も出ますがオーバーインフなので背面液晶でピント合わせが難しいのが難点。
あと、近距離で寄りすぎるとレンズが落下する恐れがあります(笑)

実はこれと同じようにレンズユニットだけ取り外したものが他にも。
Hexanon 38/2.8 (コニカC35 AFより)
Fujinon 32/2.8 (フジ カルディアDL200-Dateより)
Canon 38/2.8 (キヤノンオートボーイより)
この時期のAFカメラ、AFのはしりということもあり、どうしてもピントが合いにくいのです。DL200はシャッター半押しのピント合わせが出来たのでまだマシでしたが。ということで、フィルム機としての出番は二度と来ないと判断し、レンズのみ確保してます。ヘキサノンはE-PL2で使える目処が付いたので、また後日報告予定。

竹原

地元の町並み保存地区を散歩。
実家に帰ると必ず行くお好み焼き屋があるので、格好の撮影ポイントになってます。
「たまゆら」というアニメの舞台になったせいか、最近はそっち方面の観光客が増えた感じ。



E-PL2, MC ROKKOR PF 58/1.4