Canon 40/1.9

寒い・・・
これじゃ花見も釣りも出来たもんじゃない。

でSCCLSのレンズラインナップを増やしました。
今回のはCanon 40/1.9

Canon AF35ML QD (オートボーイスーパー クオーツデート 1983年9月発売) のレンズです。

QDが付かないモデルは1981年発売だそうです。
この頃のAF機は3群4枚のレンズが主流だったのですが、このモデルは上位機で贅沢な5群5枚構成のレンズを搭載しています。一部マニアの間では大変評価の高いカメラで、このレンズをライカLマウント化する業者もあったとのこと。開放1.9なのでコンパクトカメラにしてはかなり大口径。

試写

なんとも柔らかいボケです。これはいいかも
常時開放なので使用シーンは限られますが、どんどん使っていきたいと思わせるレンズです。

実はAF35MLのライバル達もジャンクコーナーから救出済み。
☆ニコンL35AD(1983年発売)
☆ペンタックスPC35AF-M(1982年発売)
これらのカメラ、当時のAFコンパクトブームに少し遅れてデビューした老舗一眼レフメーカーのモデルで、どちらもコンパクトにしては贅沢なレンズを搭載しています。
今後ラインナップに加えていく予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です